生産管理システム

生産設備-生産管理システム『ACT-TA-SYSTEM』
システム概要図
システム概要図
生産管理システム『ACT-TA-SYSTEM』の機能/画面紹介
受注納品処理

得意先からの発注書を基に受注処理を行い、受注に対し製造完了、売上処理を登録しています。
過去に受注したデータを参照し作成することで入力の手間を省略、外注発注手配も過去の発注実績を参照することでコストダウンを実現しています。

受注処理

図面管理

受注部品に対し図面(PDFファイル)を加工前と加工後に分けて登録し、どのような加工を行ったかも履歴として残して管理しています。
登録した図面は、受注処理などの画面から参照、印刷することが可能です。

図面管理

外注発注処理

受注処理で外注発注を手配したデータを基に注文書を発行します。

外注発注処理

売上処理

納品データを基に売上データを作成し、請求書を発行しています。
入金情報も入力可能です。
売上データ、入金データは会計ソフトに連携しています。

売上処理

在庫管理

得意先毎に在庫を管理しています。
入出庫は受注および完了など他の処理と連動しており、完成品、未完成品などの情報も管理しています。
棚卸では在庫現品表のQRコードをスキャンし効率化を実現しています。

在庫管理

導入効果

社内での情報の共有化

データ共有により他部署への速やかな情報提供が可能となりました。

事務処理の効率化

受注から納品書、請求書発行まで一連の流れで処理が可能なため作業の効率化を図ることができました。

問合せ回答の迅速化

納期回答などお客様の問合せに迅速に対応できました。